2022年秋スタンダード新環境デッキあれこれ(ミッドレンジ編)

スタンダード

現在のスタンダードは2022年9月をもってローテーションされることになるため、大きく環境が変わります。

執筆次点では9月発売となる新セット「団結のドミナリア」のカードが明らかになっていない状況ではありますが、新環境で使用可能な「イニストラード:真夜中の狩り」「イニストラード:真紅の契り」「神河:輝ける世界」「ニューカペナの街角」のカードの中から新環境のデッキを考えてみるという趣旨で記載しています。

新環境でどのようなデッキが作れそうか、また新環境がどのような環境になりそうなのか。「団結のドミナリア」の内容がわかっていないタイミングでもありますし、掲載しているリストは真面目に考えてはいるものの調整している訳でもないのであくまで参考程度に捉えて頂ければと思います。

本記事ではミッドレンジ編としてミッドレンジデッキを取り上げていきます。現在活躍しているカードでローテーション後も使えるカードの中にミッドレンジ向けのカードが多いこともあり、ミッドレンジは次環境でも間違いなく大きな活躍をすることでしょう。
アグロ編はこちら

なお、小道やミシュラランドといった土地関連の喪失は大きいですが、それはミッドレンジに限らず他のデッキでも同じですし新しい多色土地も恐らくリリースされるであろうと考えてそのあたりのロスは全般的にあまり考慮しないものとして執筆しています。

スポンサーリンク

エスパーミッドレンジ

最近はやや勢力ダウンしているものの、現在のスタンダードでも有力デッキの一つであるエスパーミッドレンジ

パッと見現在のリストとあまり大差ないように見えますが、大きく変わったのは《光輝王の野心家》と《消失の詩句》の2つです。《光輝王の野心家》は雑に強いカードなので白いデッキ全てに影響するカードですが、《消失の詩句》を失うのは盤面を握る点において中々に大きな影響があります。

とは言え、所詮は2マナクリーチャーとパーマネント除去カードですので替えが効くレベルではあります。ここでは《フェアリーの荒らし屋》《穢れた敵対者》を2マナクリーチャーの穴埋めに採用しています。これらもそれなりに強いですが「団結のドミナリア」でこのあたりをカバーするカードが欲しいところです。

相変わらず《放浪皇》《策謀の予見者、ラフィーン》《食肉鉤虐殺事件》《婚礼の発表》といったパワーカードは健在で、デッキパワーの高さはローテーション後でもキープできているように思います。「団結のドミナリア」で得るものがそこまで多くなかったとしても次期スタンダードで見かけるアーキタイプになることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

グリクシス吸血鬼

現在のスタンダードで人気のアーキタイプではあるものの最近はジェスカイ日向に押され気味のグリクシス吸血鬼。上記のリストを見て土地以外では見た目どこが現在の構成と変わったのかわからないと思いますが、実際のところ全くと言って良いほどローテーションの影響を受けないアーキタイプで現環境と差がありません。少なくてもメインボードは(土地を除くと)ローテーションによるダメージはゼロです。

それどころかローテーションによるスタンダード環境の変化はこのデッキにとって追い風になる可能性のほうが高いでしょう。他の既存デッキと比べてデッキパワーが落ちないというのもありますが、苦手としているジェスカイ日向は環境から消えますし立ち位置まで良くなりそうというのがその理由です。そのため次環境のローテーション直後はトップメタになる可能性も高いと思います。

勿論「団結のドミナリア」のカードによる部分も大きいので断言はできませんが、少なくてもTier1の一角になることはほぼ間違いないでしょう。

スポンサーリンク

バントミッドレンジ

《エシカの戦車》と《光輝王の野心家》のローテーション落ち。それによる緑と白を含むミッドレンジへの影響は計り知れないものがあります。そのためバントミッドレンジは大きなパワーダウンが避けられません。

バントはトークン戦略を得意とする一面がありますが、ローテーション後はよりそういった戦い方を推し進めていくのが良いかもしれません。《斡旋屋一家の隆盛》により中長期戦の真正面でぶつかり合う攻防には相当強いデッキですので、次環境で全くチャンスがないという訳でもないと思います。ただ《食肉鉤虐殺事件》が蔓延る環境になるであろう点はどうしても気掛かりですね。

《婚礼の発表》《放浪皇》が使えるというだけで白を使う理由になりますが《エシカの戦車》を失った4マナ域は特にパワーダウンが著しい印象です。《契約紡ぎ、ファルコ・スパーラ》もそれなりには活躍しますが、特にこのあたりのマナ域に「団結のドミナリア」の新戦力が欲しいところです。

スポンサーリンク

ナヤミッドレンジ

こちらもバントミッドレンジで記載した理由と同様に大きなパワーダウンは避けられないナヤミッドレンジ

ただしバントと大きくことなるのは(禁止されない限りは)当面スタンダードの顔になりそうな《鏡割りの寓話》が使えることと、4マナ域には《エシカの戦車》の代わりとなりうる優秀なカードが存在することでしょう。

このカラーの4マナ域には登場時から強力なカードとして見られているものの現在までスタンダードでは殆ど活躍していない《俊足の踊り手》があります。ローテーション後は《レイ・オヴ・エンフィーブルメント》で簡単に除去されてしまうようなケースもなくなるので、現在より見かけるカードになる可能性はありそうです。他にも《結ばれた者、ハラナとアレイナ》や《宴の結節点、ジェトミア》といったカードもあるので4マナ域がそれなりに強力であるのがナヤの特徴とも言えます。

次期環境でも充分戦えるポテンシャルを持っているアーキタイプです。

スポンサーリンク

ジャンドミッドレンジ

ジャンドミッドレンジは現環境でも人気のミッドレンジの1つですが、緑を使う理由と言っても過言ではなかった《エシカの戦車》の穴をどうやって埋めるのかが次環境の課題と言っても良いでしょう。むしろ《エシカの戦車》以外はローテーションによる影響は殆どないと言っても過言ではありません。

《エシカの戦車》にかわる4マナ域として考えられるのは《ジアトラの特使》と《結ばれた者、ハラナとアレイナ》が有力な候補として挙げられます。ただし《ジアトラの特使》は強力なカードであるのは間違いないものの、場に出てすぐに仕事をすることができないのが難点です。そのため上記では採用していませんが《無謀な嵐探し》を採用して速攻を付与することで《ジアトラの特使》を活かしやすい構築にするのも良さそうです。

ジャンドミッドレンジは構築の振り幅が他のミッドレンジよりも大きいのも特徴の1つなので《闇市場の巨頭》や《焼却するもの、ジアトラ》を入れた重めの構成も引き続き次期環境で考えられます。

《エシカの戦車》の損失はどうしても痛いところですが、そこを乗り越える構築ができればミッドレンジデッキの中でも有力なアーキタイプとなりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました