ニューカペナの街角ドラフト – 白強すぎ問題の対抗策

リミテッド

ニューカペナの街角のリミテッド環境の研究が進むにつれて、こちらのドラフト解説記事でも述べていたように圧倒的なまでに白が強い環境であることが周知の事実になってきています。

実際、白の勝率は高い上に対戦でも白絡みのデッキと対戦する機会も多く、ピックでも大抵白が全然流れてこないことが多いです。そんな白系のデッキが強いところと白に対抗するためにはどうすれば良いのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

最強カラーは圧倒的に青白

この環境の最強カラーは青白で間違いないでしょう。文字通り青白2色でも全く問題ないですし青白緑も青白黒の一家も含んでいます。ただし3色であってもあくまで青白がベースになっている場合という意味ですので、その点には注意が必要です。もし均等3色みたいな青白になってしまうと安定性や展開力を損ないますので全然勝てないデッキになりがちです。なお、青黒や白緑ベースはここでは別物を指しています。

青白は飛行クリーチャー+アンブロッカブルの魚によりすれ違いのダメージレースを仕掛けられますし、相手が大型のクリーチャーで防御を厚くしてきてもこれらで苦にせず押し切れることが多いので、序盤から軽快に攻めていくデッキがとにかく強いです。

加えて《力の天啓》でのライフゲインだったり《壮麗なる変化》でもサイズアップや飛行で押し切ったりもできますし《天界の整調者》や《屋上の迷惑》でもダメージレースを有利にしたりと、このデッキに対してまともにダメージレースを挑んでも早々勝てません。《ラフィーンの密通者》を始めとして2マナ域から優秀なクリーチャーも多く、非の打ちどころがないくらいに強いカラーとなっているのが青白です。

そして《かき消し》をデッキに入れられていることも多く、これが2マナアクションになったり重いスペルをケアすることも可能なので中々に強力です。2マナを露骨に構えられているときには警戒しておくべきカードでしょう。このようにまさに青白はまさに非の打ちどころのない強さといった具合になっており、このようにコモンとアンコモンで強いデッキが構築できるので人気になるのは当然といったところでしょう。ちなみに白は細かくは触れませんがレアも強いですね。

尚、白に関しては雑に強いですが青に関しては特段強いという訳ではなく白と相性の良いカードが多いので白と組み合わせると特に強いという感じになっています。

尚、緑や黒をタッチするときの理由になるのが特に上記の3枚です。3枚ともわざわざ説明するほどでもないくらい本当に強いのでタッチする価値が充分にあります。

とりあえずピックできそうなら青白を狙っていくことが断然おススメです。ですが実際のところ人気カラーなので全然取れないことも多いです。そういった時に別の選択肢を持っておく必要があります。

スポンサーリンク

白緑も強いが押し切れないケースも目立つ

白が強いということもあり白緑も中々に強力なアーキタイプで、特に《市民の奉仕者》から早々にダメージを刻みつつのライフゲインでダメージレースに差をつけるという攻めが強力です。

ただし中盤以降に相手の防御を乗り越えて押し込んでいく突破力に欠けるという難点があります。青白なら飛行に加えて前述の《屋上の迷惑》などの方法で突破していけますが、緑白ベースはこのあたりにやや難を抱えています。このあたりが青白と緑白の強さの大きな違いでしょう。

特に白緑をするときに欲しいカードは《儀礼用シャベル》です。トランプル付与するのが相当偉く1/1市民トークンみたいなクリーチャーにつけても強いですし、このトランプルで強引に突破していくのは緑白の勝ち方の1つです。他には《害獣の声》や《洗練された随員》で突破していくのも良いです。このようにコンバットトリック以外だとこういったカードがアンコモン以上になってしまうのが緑の難点とも言えます。

タッチカラーはやはり青がおすすめです。赤は市民トークンという数の暴力(+団結)で押し切る形になりますが、正直あまり強い印象はないので強いレアが取れない限りはタッチ赤はあまりやりたくないといったところです。

スポンサーリンク

白へ対抗する鍵は赤黒

このように強力な白ですが、これに対抗する鍵になるカラーは赤黒です。

何と言っても赤黒は流れてきやすいというのもありますが、赤黒は意外と速度が早く、威迫でブロックし辛かったり奇襲の速攻で相手からしても想定外の早さでダメージを刻んでいけたりしますので青白と速度で真っ向勝負しても何とかなるくらいの強さがあります。とは言え勿論とりあえず赤黒だったら良いという訳ではなく、一にも二にも《殺人魔》といった感じで《殺人魔》を取れるだけ取って入れた形を組みたいところです。

これがいることで奇襲の強さが一段階上がりますし、サイズも上げつつ最後には威迫もつけることで押し込んでいくことが可能になります。

コモンの奇襲で特に強いのは上記です。《騒乱の巡回者》は2ターン目に普通にキャストしても威迫持ちなのでダメージを稼げて強いです。《プラズマの操作手》も普通にキャストしても強いですが、奇襲がブロック不可付与な上にパワー3の速攻なのでダメージレースを捲る要因になることも多いです。

そして特に対白に対する武器として最もピックしたいのが《夜の棍棒使い》です。この-1/-1が線の細い白に対して刺さることが多く、このカードの有無だけで白に対する勝率が変わるといっても過言ではないくらい強力です。黒をやっているときには見たら即ピックすると良いでしょう。

また青白は線が細い飛行が多いので、ブロッカーというよりは上記のような軽い除去で相手の攻めをいなしていきたいところです。《着火》はそこまで強いカードという訳ではないですが白には刺さることも多く奇襲で出したクリーチャーや《ラフィーンの口封じ》を生け贄に捧げたりすることがゲームの決め手になることも往々にしてあります。

このように赤黒には《殺人魔》をベースに、相手にダメージを与えつつ除去にもなる《夜の棍棒使い》をはじめとした奇襲と軽い除去という青白に対する強い戦い方ができるカラーなので、青白が流れ的にピックできそうにないときの受け皿になるカラーとして優秀な選択肢になります。

スポンサーリンク

赤緑や青黒はレアが取れた時以外はあまりやりたくない

赤緑、青黒(が軸になった3色も含む)はどちらかといえばゲーム中盤以降に強い性質を持ったカラーですが、どちらのカラーも軸になるカードがあまり強くない上に青白の攻めはゲーム中盤以降であっても簡単には止められないということもあり正直やりたくはないカラーといったところです。

それでもこのカラーをやるときはレアが取れたときくらいです。

ナヤカラーも含めて上記にいくつか例をあげましたが、このあたりのレアがあるのであればあまりやりたくない赤緑、青黒といったカラーでもやる理由になりえます。特に赤緑は宝物トークンもあるので3色どこか4色以上にしてこれらのレアをタッチでも入れまくるといった戦略も時には有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました