ニューカペナの街角レビュー(Part2)

テーブルトップ

2022年4月29日に発売(MTGアリーナにも4月29日実装予定)となる新エキスパンション「ニューカペナの街角」について、発売前レビューとしていくつかのPartに分けて各カードを考察します。本記事はPart2になります。

Part1はこちら

スポンサーリンク

集団失踪

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★★

今回のラスゴ枠。本家と同じマナコストになっています。

カードを引かれてしまう効果はデッキによってはメリットにもデメリットにもなりますが、この手のカードを使うデッキはコントロールデッキが主になりがちでコントロールデッキではこちらが条件を満たすよりも相手が条件を満たすことが多そうなため、どちらかと言えばデメリットが目立ちそうな印象です。

そのため、ある程度クリーチャーを展開するミッドレンジ寄りのデッキのほうが適しているかもしれません。

アゾリウスコントロールでは以前として《ドゥームスカール》のほうが優秀だと思います。

救出専門家

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★

本体スペックが3マナの3/2絆魂と微妙な性能ではありますが、絆魂がついているので放っておくのも躊躇われるという点でリアニメイト能力と噛み合っています。

やはり攻撃やブロックできなくてもとりあえず場に出ているだけで役に立つクリーチャーを釣りたいところです。《光輝王の野心家》や《シルバークイルの口封じ》あたりとは非常に相性が良いです。ただ現在の白3マナ域は強力なカードが多いので、それらと比べると若干見劣りはします。

消耗戦に強いカードなのでサイドボードで使うというのもありかもしれません。

スポンサーリンク

全知の調停者

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★★★★

飛行、大きいサイズ、クリーチャーを疑似的に無効化、とリミテッドで有用な能力を有しているカード。

ですが構築戦においては流石にコストに見合っているとは言い難いです。構築戦とリミテッドで強さにかなりギャップのあるカードです。

損切り

  • 構築   :★★★★★
  • リミテッド:★★★★

このカードは次環境のスタンダードでひょっとすると大暴れするかもしれません。

犠牲込みで唱えると相手のライブラリー枚数は大抵の場合1桁台の枚数になります。となると追加で数枚削ってしまえば簡単にライブラリーアウトさせることが可能です。打ち消し以外では殆ど対処できませんし、このカードを唱える=ゲームに勝つくらいのインパクトのあるカードとしてデッキが構築できれば相当強力でしょう。

今まで出てきたライブラリー破壊カードの中でも実用性は高そうなカードです。

路上芸術家、エラント

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★

一見わかり辛い効果を持っていますが、主に犠牲のような形でコピーされた呪文を更にコピーするといった使い方をするカードです。

多少のブロッカーにもなれるというのは偉いですが、この能力を有効に使えるデッキが作れるのかは今のところ思い当たりません。悪さはできるかもしれないカードですね。

スポンサーリンク

秘儀の砲撃

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★

6マナとコストが重い上に墓地からは無作為に選ぶので、狙ったカードを使うといったことはし辛くなっています。そう考えるとカードアドバンテージを得られるカードとして考えるほうが良さそうなカードです。

構築戦において場に出て単体では仕事をしないカードに対して、6マナかつソーサリータイミングというコストはハードルが高すぎるように思います。リミテッドでも余程インスタントソーサリーが多くないと使い辛いでしょう。

顔壊しのプロ

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★

1、2ターン目にクリーチャーを展開してこれを3ターン目にキャストしたときには相当強いと考えると、いくら本体スペックそのものが微妙でも構築戦で使える性能は有していると考えるのが妥当のように思います。

やはり《ヤスペラの歩哨》《厚顔の無法者、マグダ》を有する宝物デッキと相性が良さそうです。

スポンサーリンク

屍体洗浄屋

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★★★

接死持ちでアドバンテージを稼げるクリーチャーなので、攻撃的なデッキに対しては一定の活躍は見込めます。ですがそれまでといったカードで可もなく不可もなくという性能になっています。可もなく不可もなくレベルでは構築戦での活躍は想像し辛いです。

墓所細工

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★

やはり切削で墓地を肥やすことに主軸をおいた使い方になるカードですが、秘匿が5もあるので強力なカードを秘匿できる可能性も高いのは素晴らしいです。

スタンダードにおける墓地を肥やす手段としては有用と言える性能を持っています。

終末の影

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★

《死の影》に似たカードですが《死の影》よりも使い辛く普通の使い方をするカードではありません。

やはりこの総数15であるマナコストを参照するカードと組み合わせるのが最も良い使い方でしょう。現スタンダードにはあまり相性の良いカードがなさそうですが、下環境では面白い使い方ができるかもしれません。

強請る大入道

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★

3マナ6/4威迫というスペックはヤバすぎますが、相応のデメリットは持っているクリーチャー。

ですが相手に選択肢のあるデメリットとは言え、ダメージの代わりにカードを引けるなら許容できるレベルでしょう。実際使ってみると思った以上に強いと思うクリーチャーかもしれません。

スポンサーリンク

改変ドア

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★

この手のカードにしては珍しく、カードを持ってくる条件は緩めだが唱えるにはコストを払う必要があるという唱える側の条件が厳しめに設定されているカードになっています。

デッキ構築にトライしたくなる面白いカードではあるのですが、唱えるために普通にコストが必要ならあまり割にあっていない感はあります。生け贄に捧げるクリーチャーがトークンクリーチャーでもよいのは良いところです。

八百長試合

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★★★

秘匿がついているとは言え条件も厳しめですし、毎ターン+1/+1カウンターを置くために3マナエンチャントを使う価値は構築戦においてはあまりありません。似た能力を持っている《レンジャー・クラス》と比べれば大きく見劣りするのは否めないでしょう。

装飾庭園を踏み歩くもの

  • 構築   :★
  • リミテッド:★★

現在のスタンダード環境は土地がかなり優秀なので、デッキに採用する基本地形も相当に少なくなってきています。もちろん基本地形をデッキに多めに入れれば良いとは言え、このカードのためにそこまでする価値はないでしょう。

スポンサーリンク

マルチ

エイヴンの心臓刺し

  • 構築   :★★★(3.5)
  • リミテッド:★★★

5種類以上のマナ総数という条件はかなり厳しく簡単には達成できません。達成しているときには2マナにしては相当強力なのは間違いありませんが、どうしてもその厳しさは引っかかります。死亡したときにカードを引けるのも有用なので一見強そうなカードには見えるのですが、結局1/1というケースばかりで実際使ってみると思ったより弱いカードと感じるかもしれません。

闇市場の巨頭

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★

2マナのマナ加速クリーチャーと考えるとそれなりに使えますが、如何せんデメリットの2点ダメージがキツイですね。1点ダメージでも良さそうな気はするのですが、プレイテストの結果1点では強かったということでしょうか。

本体サイズが2/2なのでちょっと頼りない印象です。

欲深き者、エヴリン

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★★

能力を使っていくためには必然的に吸血鬼をある程度使うことが求めれます。吸血鬼であれば基本的に相手のライフを早期に削っていきたいデッキとなりますが、その方針とは相性があまり良くないカードなのであまり使われないカードになりそうです。

敵意ある乗っ取り

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★★

テキストが長ったらしいですが、要するに「3点ダメージの全体除去+相手のクリーチャーでタフネス4以上でも一体は巻き込んで倒せる+自軍のクリーチャーのタフネス3以下を除去に巻き込まないようにできる」といった効果になっています。

リミテッドでは唱えられたら堪ったものではないという感じですが、流石に構築戦ではコストの重さがネックでしょう。

貴顕廊一家の隆盛

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★

《ネファリアのグール呼び、ジャダー》のような永続的にクリーチャーを生み出すカードと組み合わせるのが良さそうなカードですが、効果にクリーチャーが必要なのに対して使えるのはインスタントかソーサリーと別タイプなためデッキ構築に課せられる要求が高くなりがちなカードです。そのため使い辛さが目立つ印象です。

貴顕廊一家の悪魔信者

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★

前項のカード《貴顕廊一家の隆盛》はこのカードを組み合わせて使ってくれということですね。

本体が1/4接死かつ生み出すトークンが1/1デビルなので、どちらかというと守りに適したクリーチャーになっています。弱くはないですが、かと言って強くもないという水準です。

常夜会一家の隆盛

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★

ユニークで面白い能力を持ったエンチャント。うまく活用するのは中々に難しく一線級のデッキを構築できるかと言われると難儀しそうなカードではあります。

常夜会一家の介入者

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★

呪文をバウンスする瞬速持ちクリーチャー。飛行のような回避能力もなくタフネスが1しかないので謀議で+1/+1を載せれないと厳しいスペックです。4マナはちょっと重いといったところですが《放浪皇》と2段構えにできるのは面白いですね。

賢明な車掌、トルーズ

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★★

《保有の鞄》と似た能力を持つクリーチャー。本体スペックはどちらかというと頼りない上に、このカード自身でカードをルーティングできるのが一回だけなのであまり強くはないでしょう。

虚空裂き

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★

シンプルなテキストに秘められた強力な効果。わかりやすく強いカードです。

コストが重いのでデッキに4枚も入れるのは厳しいかもしれませんが、このカラーを使うなら常にデッキ構築時に採用を検討する1枚になるでしょう。

豪火を放て

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★

7点ダメージともなれば大半は3点以上は余剰ダメージが見込めますし、何らかのエンチャントやアーティファクトがあれば巻き込める可能性は高いです。スタンダードでは特に《婚礼の発表》あたりは良い的になりそうです。

ですが流石にコストがちょっと重いかなといった印象です。

スポンサーリンク

アーティファクト

ジアーダの贈り物、ラクシオール

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★

「プレインズウォーカーに装備」なんて文面が書いてあるカードが登場するとは驚きです。

その驚きの文面の効果をどこまで強く使えるかどうかがこのカードの評価の分かれ目となります。プレインズウォーカーは生存さえさせることができれば強力なので、わざわざカード1枚使ってまでクリーチャー化するお膳立てが必要なのかは悩ましいところです。

斬新過ぎて評価が難しいところですが、プレインズウォーカーは大抵忠誠度マイナス効果を使いたいのでクリーチャー化しても3/3あたりになることが多そうですし、私的には今のところ使い辛いように感じるカードです。

Amazon:ニューカペナの街角
楽天市場:ニューカペナの街角

※Part3はこちら

テーブルトップ
スポンサーリンク
MTG Wonder

コメント

タイトルとURLをコピーしました