神河:輝ける世界レビュー(Part4+総評)

テーブルトップ

2022年2月18日に発売(MTGアリーナには2月10日実装予定)となる新エキスパンション「神河:輝ける世界」について、発売前レビューとしていくつかのPartに分けて各カードを考察します。本記事はPart4+セット全体総評になります。
Part3はこちら

スポンサーリンク

告別

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★★

白のリセットスペルの中でもここまでの汎用性を持っているカードは過去でもなかなか例をみないと言えるくらい、シンプルなテキストながらもインパクト抜群なカード。全てのモードが追放という信頼性の高さからも6マナという重いコストを支払う価値は充分にあります。

とは言え、やはりマナコスト6はかなり重いので手放しに使うほとではないでしょう。基本的にはクリーチャー除去として使うことになると思いますが、追放という点を除くと《ドゥームスカール》には大きく見劣りします。ただし《ドゥームスカール》では対処できない機体も丸ごと対処できてしまうという魅力がこのカードにはあります。6マナソーサリーとなると概ねデッキに2枚くらいまでが許容範囲になりそうですが、プレインズウォーカー以外のどんな逆境もリセットしてしまえるという信頼性は他のカードには代えがたい強さです。

またモード選択なので自分に有利となるモードを選んで使うという使い方もあります。例えば自身はアーティファクトを多用している状況のためアーティファクト以外を追放するといった具合です。このような使い方ができるリセット呪文は珍しいでしょう。

尚、読み間違えやすいですが1つ以上なので何れのモードも好きな数選んで唱えることが可能です。

スポンサーリンク

精神連繋メカ

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★

テキストが凄くわかり辛いですが、要するにこの機体に搭乗した伝説以外のクリーチャーが持つ能力を有した状態でクリーチャー化するということです。忍者のような能力持ちクリーチャーと相性が良い機体ですが、そこまでして3マナ4/3飛行の機体を使うかどうか。。搭乗1なので使い勝手は悪くありませんが、まあまあといったところでしょうか。

渦巻く霧の行進

  • 構築   :★
  • リミテッド:★★★★

一時的に盤面からクリーチャーをフェイズアウトさせるスペルが構築フォーマットで使えるようにはとても思えません。全体除去を避けるように使うというのが最も考えられるところですが、それなら青なので打ち消しを使うほうが良いでしょうし。。他に何か見逃している良い使い方があるのかな・・・?

一方リミテッドでは相手のクリーチャーを全て一時的にフェイズアウトさせることで、攻撃を全て本体へ通してゲームに勝利するフィニッシュブローな使い方が強いです

攪乱プロトコル

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★

普通にキャストしても3マナ打ち消し。条件次第では《対抗呪文》。そしてその条件が比較的満たしやすいとなると充分に構築で通用する打ち消しと言えるでしょう。特に《ポータブル・ホール》との相性は抜群です。

スポンサーリンク

古霊招来

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★

招来シリーズの中でも使いやすいという印象を受ける緑の招来。

トランプルor警戒or到達の4/5が2体は盤面に及ぼす影響としてはかなりのものがあります。色拘束的に緑単アグロの採用候補となりそうです。コスト的に《不自然な成長》のライバルにはなりそうですが《不自然な成長》と違って裏目がないという点でもこのカードは充分採用候補となりそうです。

無常の神

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★

2マナのトランプル持ちクリーチャーが4/4以上に容易にサイズアップするであろうことを考えると破格のコストパフォーマンスを持ったクリーチャーであると言えます。セレズニアオーラデッキも現実的に実現できるであろうレベルのクリーチャーです。

春葉の報復者

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★★

忍術なら4マナではありますが、そこそこクラスな能力の5マナ6/5クリーチャーとなると使えなくはないが特筆するほどの強さではないというように思えます。このクリーチャーを使うようなデッキで強いデッキは現実的に想像し辛いです。

タミヨウの保管

  • 構築   :★★★★★
  • リミテッド:★★★★

《蛇皮のヴェール》の亜種ですが、クリーチャー以外のパーマネントまで対象に取れるようになっているというのは珍しいです。《蛇皮のヴェール》の+1/+1カウンターは結構重要だったりしますので一概にこのカードのほうが優秀という訳ではないですが、かなり見どころのあるカードであるのは間違いないでしょう。

珠眼の寺守り

  • 構築   :★★★(3.5)
  • リミテッド:★★★★

3マナで、マナクリーチャーに加えて+1/+1カウンター2つと裏面のドラゴンクリーチャーという恐ろしいコストパフォーマンスを秘めたカード。

何れの効果も全てサポート寄りの効果を持っているためこれ一枚ではやや弱いカードという点で使いどころに少々悩みそうです。ミッドレンジと相性が良さそうですね。

スポンサーリンク

爆発的特異性

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★

2回唱えられたらそれだけでゲームに勝てるというロマンに溢れているカード。《感電の反復》でコピーして勝つというのは誰もが思いつくであろうプランでしょう。

ですが実際のところ多少コスト軽減がついているとはいえ10マナは厳しすぎます。《アールンドの天啓》は予顕で手札から逃がすことが出来る点でも凶悪でしたが、このカードはそういったこともできないので手札破壊でも対応されてしまいます。そのためトーナメントレベルで《感電の反復》コピーデッキを作るのは難しいでしょう。

大峨頭の兜

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★

2マナ2/2でこの能力ならごく平凡と言って良いでしょう。この能力を活かすならかなり軽めのデッキでないと割に合いませんし、新環境で作成できそうな赤単アグロとの相性は良さそうです。

兎電池

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★

赤1マナクリーチャーとしては中々のスペックを持っているカード。このカードに限らず本セットには赤単アグロに向いてそうなカードが散見されますので、現時点で強いかどうかはわかりませんが新環境で赤単アグロが試されるのは間違いないでしょう。

轟く雷獣

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★

実質4マナ4/4速攻に加えて、X点追加ダメージのおまけつきというクリーチャー。赤は装備品に溢れていますし、お供になりそうな白や緑も改善方法に長けていますからX2点くらいは見込めそうです。攻撃するたびにサイズアップすることもできるので総じて中々の打点が見込める強力なクリーチャーでしょう。

スポンサーリンク

無孤勢団の霊裂機

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★

2マナ4/3。一回でも能力起動しようものなら5/4と2マナ機体として見ると破格のサイズとなります。特にゾンビデッキとの相性の良さは間違いないでしょう。ゾンビデッキにこれを入れるだけで今まで不足しがちだった攻撃力が相当に上がりそうです。

お前はもう死んでいる

  • 構築   :★
  • リミテッド:★★★

北斗神拳伝承者?(それが言いたかっただけですが、リミテッドでは充分使えるカードです。)

スポンサーリンク

マルチ

巨大な空亀

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★

3つの使い方が備わっているカード。何れの効果もカード1枚分の効果としてはやや弱いのは仕方がないところですが、選択肢が3つも備わっているとその分いつ引いても無駄になりくいということでもあります。構築フォーマットでの使用にも耐える性能は持っています。

アンコモンでここまで幅の広い使い方ができるカードも珍しいです。

大牙勢団の総長、脂牙

  • 構築   :★★★★
  • リミテッド:★★★★

墓地に1枚でも機体が落ちていれば、3マナで乗り手になりつつ釣った機体を速攻で動かせるというのは破格すぎます。

当然ながら問題なのは機体が墓地に落ちていないと弱いという点です。ある程度墓地に落とす手段と合わせて使うのが望ましいです。

浅利の司令官、理想那

  • 構築   :★★
  • リミテッド:★★★

3マナ3/3速攻に破壊不能がついたところで感。しかも割と簡単に破壊不能が外れてしまいます。ただし戦闘ダメージでしかカウンターが外れないということもあり、コントロール相手には一定の活躍はしてくれそうです。

活力の温泉

  • 構築   :★★★
  • リミテッド:★★★

カード自体は相当に強力。4回も+1/+1カウンターと速攻が付与できるというのはゲームを終わらせるまでに付与回数が問題となることはそうそうないでしょう。

問題なのは同じ3マナに存在するライバルである《無謀な嵐探し》で、流石に両者を比較すると《無謀な嵐探し》に軍配が上がるでしょう。改善できるというのはこのカードのメリットであるので、改善に重きをおかない限りは《無謀な嵐探し》が優先されそうです。

スポンサーリンク

アーティファクト

長所食い

  • 構築   :★★★★★
  • リミテッド:★★★★★

伝説を除けば《骨断ちの矛槍》のほぼ上位互換性能を持っている強力な装備品。

この装備品を使うデッキは自分から能動的にクリーチャーを死亡させるデッキではないでしょうから文字通り長所を食っていくこの能力は若干使い辛そうですが、食えれば脅威のスペックになります。そうでなくても《骨断ちの矛槍》は当然ながら普通にアグロで強力です。

伝説なので4枚は使い辛いですが、アグロにとっては間違いなく優秀な装備品です。

スポンサーリンク

土地

皇国の地、永岩城

  • 構築   :★★★★★
  • リミテッド:★★★

殆どデメリットのない土地に多少制限はついているもののクリーチャー除去がついているカードが優秀でない訳がありません。

スポンサーリンク

まとめ

全体的にカードパワー高めなセット。イラストも最高レベル。

特にコモンやアンコモンのカードは全体的にこれまでのセットよりも一段階強力な印象です。レア以上のカードも昨今増えている禁止カードにならないような調整を心がけている点が見られますが、それでも決して弱いカードにはならないように絶妙なバランスでリリースされている印象を受けます。平均的なカードパワーとしては最近のセットの中でも高い方と言えるでしょう。


当然ながらスタンダードにおける影響はかなり大きいものがありそうです。特に機体デッキ、忍者デッキといったアーキタイプは確実にメタゲーム上にでてきそうですが、他にも英雄譚デッキ、赤単や侍アグロデッキなど本セットによって今のスタンダードにはない新しいアーキタイプが数多く登場しそうな気配は非常に感じます。勿論既存のデッキを強化するカードもなくはないですが、どちらかというと新しいアーキタイプを生むカードが多いように思います。そして本記事ではあまり触れていませんが下環境(むしろ下環境のほうが)で通じるであろうカードも間違いなく存在しています。


またカードの性能だけでなくイラストも素晴らしいカードが多く存在するという点においても魅力的なセットに仕上がっています。全てのレアや神話レアには別バージョンが存在するという点でも驚きですが、さらにそのイラストに日本で有名な原哲夫氏等も参加しているというのですから是非とも手に入れたいところです。

他にも多くのカード仕様があります。とにかく本セットのカード仕様は非常に豪華になっていますので、詳細はこちらの公式サイトをご確認ください

注目カード

強力なカードは多く見受けられますが、中でも主にスタンダード目線でレア以上の注目カードを挙げています。レアの伝説土地サイクルは言うまでもなく全て100%強力なので除外しています。

Amazon:神河:輝ける世界
楽天市場:神河:輝ける世界
テーブルトップ
スポンサーリンク
MTG Wonder

コメント

タイトルとURLをコピーしました