D&D:フォーゴトン・レルム探訪レビュー(Part1)

テーブルトップ

2021年7月23日発売となる新エキスパンション「D&D:フォーゴトン・レルム探訪」について、構築フォーマットに影響を与えるカードという観点で各カードを考察します。執筆時点では全てのカードはまだ公開されていませんので、パートを分けて執筆しています。

尚、本セットからダンジョンという新しいメカニズムが登場しています。ダンジョンのメカニズムについてはこちらで紹介しています

パート2はこちら

スポンサーリンク

霜の暴君、アイシングデス

本セットではドラゴンがフィーチャーされており、白の神話レアのドラゴン枠はこのカードのようです。

4マナ4/3飛行警戒と本体スペックは良いものを持っていながら、死亡すると装備品を生み出すという効果を持っています。その装備品は+2/+0修正と攻撃時に防御プレイヤーのクリーチャーをタップすることができるという効果を持っています。通して攻撃に偏った性質を持っているため、このカードはアグロデッキ向けということになるでしょう。

パワー4の飛行クリーチャーは相手にかけるプレッシャーも相当なものですし、装備品としての能力もなかなかのものです。今後見かけることになりそうなカードです。

ポータブル・ホール

白1マナで2マナ以下のパーマネントを何でも除去できてしまうというトンでもないカード。白の除去もここまで来たかと思わずにはいられない効果を持っています。いまのスタンダードではそこまでの活躍はしないかもしれませんが、下環境には影響を与えそうなカードです。

オズワルド・フィドルベンダー

いかにも悪いことが出来そうな能力を持った2マナクリーチャー。ただし今のスタンダードのカードプールはアーティファクトそのものがあまり強くないのですぐにスタンダードで活躍するということはないだろうと思います。今後のエキスパンションでアーティファクトがフィーチャーされたようなエキスパンションが出てきたらスタンダードでも出番はあるかもしれません。

無私のパラディン、ナダール

3マナ3/3で攻撃時にダンジョン探索、ダンジョン踏破したら自分のクリーチャー全員+1+/+1という効果であるためアグロ向きのクリーチャー。ただダンジョンという効果を発揮するにはある程度時間を要する性質がアグロという速攻が重要となるデッキにおいて親和性が低いように感じます。そのため構築では出番がなさそうな印象です。

スポンサーリンク

ウォーターディープの黒杖

アーティファクトの魂込め》が少し大人しくなってアーティファクトになったようなカード。能力は悪くないので、相方となるアーティファクトが見つかれば出番はあるかもしれません。

竜亀

一見地味な能力なのでリミテッド向きのようにも思ってしまうのですが、3/5という守りには優秀なスタッツですし一時的にクリーチャーを封じ込めるという効果もついているため対アグロカードとしては強力です。スタンダードで見かけることもありそうです。特にサイドボードに良いかもしれません。

ターシャズ・ヒディアス・ラフター

相手のデッキ次第では相当な枚数を追放するであろうカード。スタンダードでは10枚削れたら良いほうくらいのような感じはしますのであまり使われ無さそうですが、下環境だと土地単のようなデッキには滅茶苦茶に刺さりますね。

スポンサーリンク

不浄なる暗黒の書

ヴェクナのカードがまだ公開されていませんのでまだ未知数なところはありますが、このような合わせ技の類の効果を持つカードが神話レアとして登場しているとなると・・・少し期待できるかも?

追記)

両ヴェクナカードが公開されました。

アイのほうはアップキープに支払うコストとしては決して軽くはないものの、2ライフ1ドローと悪くない効果を持っていますし「不浄なる暗黒の書」とのシナジーは抜群です。ハンドのほうも決して悪い性能ではなく3ターン目に出たときには相当な打点を叩き出す可能性もあります。

ライフ損失が結構痛いので、攻めるデッキで使用するのが良さそうです。

総じてこれまでに出てきたセットシリーズの中では悪くない部類だと思いますので、構築フォーマットでワンチャンあるかもしれません。

ドラコリッチ、エボンデス

不死身のように蘇る効果を持つドラゴンゾンビ。パワー5の飛行は強烈ですし、それが蘇る効果がついているとなるとさすがに強力極まりないです。今後頻繁に見かけることになりそうなカードです。能力的にはラクドスカラーとは特に相性が良いですね。

ゼラチナス・キューブ

クリーチャー除去効果を有したクリーチャーカードというのはいつの時代も強力です。このカードは出してすぐに除去されてしまった場合にはクリーチャーが戻ってしまうものの、4マナ4/3とこれまでのクリーチャー除去内蔵クリーチャーに比べるとスタッツはなかなかのものです。構築で使用できるレベルにあるクリーチャーでしょう。

パワー・ワード・キル

黒の制限付き2マナクリーチャー除去の新しいバージョンが登場です。今回のカードも比較的優秀ではあるのですが、スタンダードで頻繁に採用されている《黄金架のドラゴン》を除去できないという点はどうしてもひっかかります。ただ、その点は《取り除き》でも同じことは言えます。《取り除き》はプレインズウォーカーも対象に取れますが、現在のスタンダードでは3マナ以下のプレインズウォーカーはほとんど使用されていませんから《取り除き》よりもこちらのほうがスタンダードにおいては優秀と言えそうな除去カードです。

蜘蛛の女王、ロルス

能動的に忠誠度を増やすことが出来ない点が少しひっかかりますが、2/1の蜘蛛を2体生成した上にカードをドローする効果がついていると考えると、そこそこという印象です。頻繁に使用されることはなさそうに思いますが、秋のスタンダードローテーション以降だと見かけるようになるカードかもしれません。

ヴォーパル・ソード

おまけとしてはなかなかに強力な効果がついている軽コストの装備品。《骨断ちの矛槍》を彷彿とさせるものがあります。黒単ビートダウンのようなデッキでは採用する価値は充分にあります。

ワイト

2マナ3/2のメリット付きクリーチャーとなっており、またそのメリットも無視できないレベルの内容になっています。「ヴォーパル・ソード」と絡めて黒単ビートダウンデッキを作ってくださいという暗示にも見えますね。

スポンサーリンク

フレイムスカル

3マナ3/1飛行で、死亡してもまた唱えなおすこともできるという強力なカード。効果があなたの次のターン終了時までとなっているので、相手ターンに死亡したとしても問題ないというのが素晴らしいですね。フレイムスカル以外を唱えても良いというのも状況によってはより良い選択をできるということになるため無視できないメリットです。赤を含むアグロデッキで是非とも使用してみたいカードです。

願い

サイドボードからカードを使用できる願いシリーズのカードが過去にありましたが「願い」というそのままの名前で同様のカードを持つものが登場しました。唱えるのに3マナ必要で、かつ唱えたターン中のみの効果であるため重いカードは唱えずらいようにデザインされています。軽コストで強力なカードが多い下環境では使えるかもしれませんが、スタンダードだと使用するのは厳しい印象です。

ミーティア・スウォーム

赤の火力なのに4マナで《長老ガーガロス》を対処できます!・・・が、それならさすがに《アクロス戦争》を使いますね。

構築ならサイドボードでたまに見かけることもあるかもしれないという感じでしょう。

強き者の下僕

本体にパワーが1あればまだ話は違ったのですが、パワーが0であるためこれ一枚で全く何もしないカードになっています。パワー1にしたら強すぎたのかな・・・もうちょっと良い調整があったのではと思わずにはいられないカードです。

スポンサーリンク

夢の円環のドルイド

コストからして緑単で使用するしか道がなさそうなカードですが、いくらマナ生成能力が優秀でも3マナで本体がただの2/1では構築での活躍は想像し辛いです。

エリーウィック・タンブルストロム

ダンジョン探索を中心としたデッキであれば居場所があるかもしれないプレインズウォーカー。マイナス忠誠度も盤面に全く影響しないのでとても強い能力とは言えません。恐らく構築シーンではあまり見かけないプレインズウォーカーとなるでしょう。

オーカー・ジェリー

死亡するたびにサイズが半分になりながら復活するクリーチャー。緑単のようにマナが潤沢に出やすいデッキであれば出番があるかもしれません。

タラスク

直接唱えることができれば除去耐性を持つ巨大な速攻クリーチャーということでかなり強力なクリーチャーであることが間違いありませんが、さすがに9マナはきつい。。

群れ率いの人狼

2マナ3/3なのに強力な効果までついている非常に優秀なクリーチャー。特に緑単は2マナ域に強力なクリーチャーがあまりいなかったのですが、その穴を確実に埋めてくれるであろうクリーチャーです。

スポンサーリンク

多色

アダルト・ゴールド・ドラゴン

同じ5マナの速攻ドラゴンである《黄金架のドラゴン》のほうが赤単色カラーなのにずっと強力ですね。。はじめ見た時には能力がシンプルすぎてアンコモンと勘違いしてしまいました。さすがにアンコモンだとリミテッドで強すぎますね。

ドリッズト・ドゥアーデン

これ一枚でクリーチャー2体分を生み出すカードとなっている点では強力ですが、生み出されるクリーチャーが強いような弱いような絶妙な性能となっているあたりしっかり調整された感が伺えます。リミテッドでは相当強いですが、構築だと採用されるかギリギリなラインだけど採用されないといったカードになりそうに思います。

ティアマト

悪用できないように唱えたときという制限がついていますが、それ故に使い道が相当厳しくなっています。マナコストが重すぎるので《ニヴ=ミゼット再誕》と違って使われることはないと思います。それにしてもRPGのラスボス感あふれるイラストになっていて、イラストはとてもカッコいいですね。

ギルドの重鎮、ザナサー

一度場に出てしまえばアドバンテージを稼ぎ続ける強力なクリーチャーではあるのですが、本体がただの5/6という点が気になります。出た時点では何もしないということもあり構築で採用するならもう一声ほしいと感じます。

スポンサーリンク

土地

ミシュラランド各種

2ターン目まではアンタップインできクリーチャー化できる能力を持った土地(通称ミシュラランド)サイクル。今回は起動コストが全体的に重めにデザインされているようですが、これらは何れも相当に強力だと思います。クリーチャー化できる土地はマナフラッド除けになるというだけでも充分強力なのですが、これらはアンタップインできる上に起動コストが重めなだけあってゲームを決めてしまうレベルの性能を有しています。緑だけまだ未発表ではありますが、どの土地も間違いなく構築シーンで見かけることになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

まだリストはすべて明らかになっていませんが、いまのところ前回のストリクスヘイヴンよりはカードパワーは高そうだなという印象です。神話レアのドラゴンサイクルはまだ白と黒しか発表されていませんが、特に黒の「ドラコリッチ、エボンデス」は見るからに強く、白もなかなかに強力ですから他の3色にも期待したいところです。

他にも「フレイムスカル」あたりも今後が気になるカードです。これに限らずいまわかる範囲ではセット全体的にアグロ向けのカードが目立ちますね。

個人的に一番驚いたのはレア土地のミシュラランド各種です。どうみても強いのでストリクスヘイヴンよりはスタンダード環境に影響を与えそうに思います。

残りのカードも楽しみですね。

パート2はこちら

Amazon:マジックザギャザリング
テーブルトップ
スポンサーリンク
MTG Wonder

コメント

タイトルとURLをコピーしました