【MTG】スタンダードデッキレシピまとめ

スタンダード

MTGのスタンダード環境デッキをまとめています。種類毎にサンプルデッキレシピをワンポイント解説付きで掲載しています。

記載しているスタンダート環境は「イニストラード:真紅の契り」~「機械兵団の進軍:決戦の後に」です。

「Export To MTGA」ボタンを押下することでデッキレシピをクリップボードにコピーすることができ、そのままアリーナへインポート可能です。

※サイドに同じカードが分割して表示されていることがありますが編集の都合で深い意味はありません。例として強迫*1、強迫*2と表示されていれば3枚入っているという意味になります。

ヒストリックに関してはこちらにまとめています。

スタンダードのメタゲームについてはこちらを参照ください。

※兄弟戦争リリース以降(?)、MTGアリーナの不具合だと思われますが日本語のデッキインポートが正常に動作しない可能性があります。その場合は少々手間ですが手動でデッキを作成してください。

スポンサーリンク

イゼットアーティファクト

特徴:打ち消しとクリーチャー除去で序盤を凌ぎながらアーティファクトでマナ加速し、高コストのパワーカードでゲームを締めくくるランプ型のアーティファクトデッキ。

長所:マナさえ伸びてしまえばカードパワーで相手を圧倒できるため中長期戦に強い。単体除去が効き辛いカードが多く単体除去の多いデッキには構成上優位に立ちやすい。

短所:高コストのカードが多い分、もっさりした展開になり相手についていけないケースも起こりうる。

スポンサーリンク

グリクシスコントロール(精神接合器)

特徴:打ち消しとクリーチャー除去で凌ぎながら《精神接合器》に繋げ、手数とカードパワーで中長期のゲームを制するデッキ。

長所:クリーチャー除去のような盤面に干渉するタイプのカードはこのデッキには効果が少ない。環境に合わせてデッキを構築することができる。

短所:自由度の高さの裏返しで、メタゲームをしっかり読んだ的確なデッキ構築が求められる。

スポンサーリンク

ジェスカイコントロール

特徴:打ち消しとクリーチャー除去で凌ぎながら後半にも強いクリーチャーやプレインズウォーカーといった少ない勝利手段でゲームを締めくくるコントロールデッキ。

長所:多くの相手に対して合わせるように上手く立ち回れる。環境に合わせてデッキを構築することができる。

短所:自分からゲームを決めに行くカードが少ないので、ある程度相手の動きに付き合っていく必要がある(押し付けで勝ちに行くことが難しい)

スポンサーリンク

ラクドスミッドレンジ

特徴:黒いミッドレンジをベースに《税血の徴収者》《鏡割りの寓話》というお馴染みのパッケージを取り入れたデッキ。

長所:グリクシスのような3色デッキと比較するとマナベースが安定している。どのデッキを相手にしても対応できる力を持っている。

短所:打ち消しを持たない中速デッキなため、パワーカードが多くより後半に強いデッキはやや苦手。

スポンサーリンク

グリクシスミッドレンジ

特徴:黒いミッドレンジのグリクシスカラー。青ならではのアドバンテージ取得手段と対応力が魅力。

長所:他の黒系ミッドレンジと比較して《死体鑑定士》のようにカードアドバンテージを得る手段に長けている。打ち消しが使えることで致命的なスペルも理論上は全て対応できる受けの広さがある。

短所:他の黒系ミッドレンジと比較すると盤面に干渉していく性能はやや劣る。

スポンサーリンク

ラクドスリアニメイト

特徴:ラクドスミッドレンジをベースにしつつも《ギックスの残虐》から《原初の征服者、エターリ》や《偉大なる統一者、アトラクサ》をリアニメイトする必殺技を内蔵したデッキ。

長所:《偉大なる統一者、アトラクサ》のカードパワーは圧倒的で盤面に出さえすれば仮に除去されても大幅に有利に立てる点が最大の魅力。他にも《原初の征服者、エターリ》や《ファイレクシアの肉体喰らい》を出しても強いので《偉大なる統一者、アトラクサ》に依存しすぎていない。

短所:ミッドレンジ相手に強くなっている分、動きがややもっさりしている。

スポンサーリンク

グリクシスリアニメイト

特徴:ラクドスリアニメイトに主に打ち消しのために青をタッチしたグリクシスバージョン。

長所:打ち消しを備えていることが魅力で、特に環境的に大味なパワーカードが増えておりそれらに耐性を持つことができる。

短所:ラクドス版に比べるとデッキの動きの安定性に欠ける。

スポンサーリンク

マルドゥリアニメイト

特徴:ラクドスリアニメイトのマルドゥバージョン。主に《クロクサとクノロス》の採用が目的となっているタイプ。

長所:《クロクサとクノロス》により更にリアニメイト手段が増えており自身の強さも含め中後半が更に強くなっている。

短所:メリットの裏返しで序盤の立ち上がりや安定性がラクドス版以上に犠牲になっている。

スポンサーリンク

ラクドスブリーチ

特徴:ラクドスミッドレンジをベースに《多元宇宙の突破》を決め技に据えたアーキタイプ。

長所:《大勝ち》から早期に《多元宇宙の突破》を唱えるという決め技を持ちつつも、その枠には5枚程しか割いていないためラクドスミッドレンジ同等の動きも可能で安定性も高い。

短所:中速以上の相手に強い組み合わせになっているため特にアグロのような速攻相手にはやや耐性を下げている。

スポンサーリンク

共同魂の刃コンボ

特徴:黒系ミッドレンジの動きをベースにしつつも《共同魂の刃》から伝説クリーチャーをコピーして死亡時誘発能力を連発させるコンボを内蔵したデッキ。

長所:《アーボーグのラタドラビック》《夜明けの空、猗旺》《燃え立つ空、軋賜》といったクリーチャーを《共同魂の刃》でコピーするだけでも強力だが、これらが揃えば無限に能力を誘発させられたりと決まれば勝ちというコンボを内蔵していることが大きな魅力。

短所:4色構成となっておりマナベースの安定性が低い。

スポンサーリンク

ジャンドミッドレンジ

特徴:パワーカードは多めだが《ギックスの残虐》と比べると軽めの構成で相手にテンポ負けしないように意識したタイプのデッキ。

長所:パワーカードが多く中後半の山札捲り合いに強い。《豪火を放て》のような環境的に強いカードが採用できる。

短所:基本的にクリーチャー主体のため動きに柔軟性が少なく対処されやすい。

スポンサーリンク

白単ミッドレンジ

特徴:白のパワーカードを中心に構成し、《勢団の銀行破り》《砕かれた熾天使》といったカードから早期に攻めていく動きも可能なミッドレンジデッキ。

長所:《勢団の銀行破り》《砕かれた熾天使》の組み合わせが特に強力で攻めとカードアドバンテージを高い次元で両立している。トークンや《神憑く相棒》などにより流行りの《絶望招来》に構築で一定の耐性を持っている。

短所:相手に干渉するカードが少なく、ソーサリータイミングのカードが多いため相手に対応する動きはやや苦手。一例として《偉大なる統一者、アトラクサ》は苦手。

スポンサーリンク

白単タッチ黒ミッドレンジ

特徴:白単ミッドレンジに黒をタッチすることで《多元宇宙の突破》と優秀なサイドボードを採用したデッキ。

長所:《多元宇宙の突破》は白単にはない強い決め技であり、かつサイドの《強迫》も含め白単では持ちえない干渉手段があったりと中速デッキ相手への大きな武器を持っている。

短所:白単の強みの一つである《軍備放棄》がやや使い辛くタップイン土地も多いため序盤の動きが少し犠牲になっている。

スポンサーリンク

白単タッチ赤ミッドレンジ

特徴:白単ミッドレンジに《鏡割りの寓話》《原初の征服者、エターリ》をタッチしてパワーを高めたデッキ。

長所:パワーカードをタッチしているので良くも悪くも白単よりもデッキパワーという側面が素直にパワーアップしている。

短所:白単の強みの一つである《軍備放棄》がやや使い辛くタップイン土地も多いため序盤の動きが少し犠牲になっている。

スポンサーリンク

白単アグロ

特徴:軽コストクリーチャーを序盤から怒涛のように展開しあっという間に相手を倒してしまうアグロデッキ

長所:《選定された平和の番人》や《スレイベンの守護者、サリア》など相手に干渉する手段を持っており相手をやんわり縛り付けながら戦っていくことも可能な点が魅力。

短所:アドバンテージを取る手段が殆どなく全体除去を食らってしまうと立て直すのが困難。

スポンサーリンク

青白兵士

特徴:クリーチャー部族兵士を中心とし、兵士によるシナジーを駆使して攻め立てるアグロデッキ

長所:瞬速や打ち消しなどでトリッキーに立ち回れることに加え、白特有の相手への干渉手段も持っていたりと他のアグロにはない対応力の高さが魅力。

短所:対応力が高い分、押し付けの強さが犠牲になっており攻めが中途半端で押し切れないこともしばしば。

スポンサーリンク

青単テンポ

特徴:インスタントを多用することでコスパに優れるクリーチャーを展開しながら打ち消しを中心に妨害している間に相手を倒しきるクロックパーミッションデッキ。

長所:いずれのクリーチャーも打ち消しを構えながら展開することに長けており、打ち消しが機能しやすい中速のミッドレンジ相手を得意とする。

短所:墓地対策カードが致命的なまでにきつく《未認可霊柩車》《墓地の侵入者》といったカードを許してしまうと厳しい戦いを強いられる。

スポンサーリンク

グルールアグロ

特徴:赤緑の速攻かつパワフルなクリーチャーを武器に戦線を突破していくアグロデッキ。

長所:パワータフネスに優れたクリーチャーが多く、ある程度はクリーチャー除去なしでもクリーチャーをぶつけていくだけで相手防御を突破していくパワフルな点が持ち味。速攻が多くソーサリータイミングの除去に強い。

短所:タフネスの高いクリーチャーを除去するのが苦手で特に《黙示録、シェオルドレッド》に手を焼きがち(サイドの《引き裂く炎》は主にその対策)

スポンサーリンク

エスパーレジェンズ

特徴:《策謀の予見者、ラフィーン》を軸にエスパーの優秀なクリーチャーからビートダウンを仕掛けるアグロデッキ。

長所:《策謀の予見者、ラフィーン》《スレイベンの守護者、サリア》《黙示録、シェオルドレッド》といったクリーチャーにも関わらず攻撃せずに盤面に残るだけでも厄介(勝ちに行ける)な性能を持つ性能の高さが魅力。

短所:多色かつ伝説なためデッキの回りにムラがある。

スポンサーリンク

セレズニアアグロ

特徴:毒性クリーチャーにより毒10個の特殊勝利を目指すアグロデッキ。

長所:毒はライフを攻めるタイプとは異なり一度毒を盛られてしまうと消せないため、ある程度毒を盛り始めるとリカバリーされ辛く押し切りやすい。特に先手番で強いデッキ。

短所:クリーチャーのサイズが貧弱でクリーチャー同士の睨み合いは苦手。小ダメージ低コストの全体除去に弱い。

スポンサーリンク

黒単ミッドレンジ

特徴:単色の利点を活かして序盤から軽快にクリーチャーを展開して攻めながら《絶望招来》でゲームを締めくくるアグロ型のミッドレンジデッキ。

長所:単色による安定したマナ基盤により序盤から土地によるもたつきがなく、テンポよく展開することが可能。《ヨーグモスの法務官、ギックス》を絡めた序盤の攻めが強力。

短所:他の黒系ミッドレンジと比べると単色故にサイドボードも含め対応力とカードパワーにやや難がある。

スポンサーリンク

グリクシスサクリファイス

特徴:生け贄に捧げることで強力な効果を発揮するクリーチャーと、生け贄手段を合わせもった生け贄シナジーデッキ。

長所:《鬼流の金床》により戦闘以外で間接的にダメージを飛ばしたりなど相手からするとやや対処し辛い攻めを仕掛けることができる。

短所:クリーチャーが小粒なため戦闘においてサイズ負けしがちで特にトランプル持ちは手を焼く。

スポンサーリンク

バントフェスティバル

特徴:《収穫祭の襲撃》から圧倒的な盤面を形成し力押しで勝利するバントのミッドレンジデッキ。

長所:《歓迎する吸血鬼》や《収穫祭の襲撃》で途切れずに盤面を形成していくことができる。最速4ターン目に《収穫祭の襲撃》を唱えたりとブン回りも強い。

短所:基本的にクリーチャーを横並べに展開するため《食肉鉤虐殺事件》のようなカードはやや苦手。

スポンサーリンク

ボロス報復招来

特徴:《報復招来》から強力なクリーチャーや《ファイレクシアへの門》を場に出すギミックを内蔵したミッドレンジデッキ。

長所:《聖域の番人》《偉大なる統一者、アトラクサ》は対処し辛い上、仮に対処されてもその能力から後続を続けて出しやすく強力。

短所:基本的にやりたいことに対して大振りかつ真っ直ぐなデッキなため、墓地対策や打ち消しのように的確に妨害されるだけで厳しい面がある。

スポンサーリンク

5色ドメイン

特徴:版図持ちや各色の強力な多色カードを詰め込み、そのカードパワーで圧倒するミッドレンジデッキ。

長所:デッキの大半が後半でも強いようなカードばかりで占められており、中盤以降の強さは他のデッキを圧倒するものがある。特に打ち消しをもたないラクドスミッドレンジのような相手に強い。

短所:特に2マナ以下のアクションが弱く序盤の出遅れが原因で負けてしまうこともしばしば。

スポンサーリンク

赤単アグロ

特徴:序盤から軽快に攻めていき、赤の火力呪文で直接相手本体へダメージを与えてフィニッシュすることも可能なアグロデッキ。

長所:火力呪文がクリーチャー除去にも攻撃手段にもなるという点は赤単アグロの強み。環境でも最速クラスの動きが魅力。

短所:単体のカードパワーが低く序盤にダメージを重ねることができないと中後半から逆転することは難しい。特に《黙示録、シェオルドレッド》が苦手。

スポンサーリンク

セレズニアエンチャント

特徴:エンチャントを中心に構成され、シナジーが発揮すると圧倒的なクリーチャーサイズで相手を圧倒することも可能なエンチャントシナジーデッキ。

長所:カード同士がシナジーを持っていることで一定数カードが盤面に並び始めると圧倒的な盤面を形成することができる。

短所:単体のカードパワーが低めで、ある程度クリーチャー除去で対処されてしまうだけでも動きが鈍くなりがち。

スポンサーリンク

5色統べるもの、ジョダー

特徴:《統べるもの、ジョダー》を活かすため伝説クリーチャーを中心として構成された多色アグロデッキ。

長所:人間が中心となっており、特に《ドーンハルトの殉教者、カティルダ》が絡んだときには多色デッキとは思えないほどの展開力を発揮しながら《統べるもの、ジョダー》から桁違いのサイズで攻めていけるのが魅力。

短所:《閑静な中庭》《英雄の公有地》といった土地はあるものの、多色デッキのため色マナ事故のリスクがどうしても付きまとう。

スポンサーリンク

バントトークン

特徴:トークンクリーチャーを中心としてクリーチャーを横に並べ《斡旋屋一家の隆盛》等で全体強化しながら攻撃をしかけていくデッキ。

長所:トークン+全体強化が決まれば桁違いの盤面を形成して相手を圧倒することができる。《食肉鉤虐殺事件》が禁止となったことで横並べを咎める手段が少なくなった。

短所:単体では弱いカードが多く、全体強化の準備にもやや時間を要する。

スポンサーリンク

ガイアの具現、ティタニア

特徴:切削を駆使して墓地を肥やしつつ、基本的にはミッドレンジのように振舞いながら時間を稼ぎ合体カードである《ガイアの具現、ティタニア》を必殺技として勝ちを目指すデッキ。

長所:《ガイアの具現、ティタニア》というたどり着ければ勝利は近いという明確なゲームプランを持っており、中長期戦に強い。

短所:特に序盤に展開するクリーチャーの質が低く、立ち上がりにはやや難を抱える。

コメント

  1. yousuke より:

    いつも各種記事を楽しませていただいております。

    ページを見ていて気になるところがあり、要望を申し上げたくコメントさせていただきます。
    デッキタイトルのあたりに、調査ないしは情報をアップデートした日を付記していただくことはできないでしょうか?
    このページを見る目的は主に現在出回っているデッキレシピを参照するというところかと思いますが、このページにはすでに廃れているデッキも掲載されており、情報がアップデートされないまま月日がたっているものがあると思われます。(顕著なのがバントフェスティバル。食肉鉤虐殺事件に関する言及が残っているあたりかなり古そう)そういった古いデッキと比較的新しいラクドスブリーチが特に説明なく同列に並んでいるというのは環境デッキのまとめとして不正確と思われます。

    • MasaKMasaK より:

      コメントありがとうございます。

      >デッキタイトルのあたりに、調査ないしは情報をアップデートした日を付記していただくことはできないでしょうか?
      申し訳ないですが現状のままとしたいと思います。日付を書くこと自体はそこまでではないですが、日付を書くと(個人的には)日付でソートできるようにしたくなったりもするので更新の手間をできるだけ抑えたいのと後述の理由もあります。

      >このページを見る目的は主に現在出回っているデッキレシピを参照するというところかと思いますが
      仰っていることはとてもよく理解できますし実際そういう側面もあると思いますが、実はいくつか古いリストを残しているのは意図してのことです。

      例えば、例として触れられているバントフェスティバルは確かにこの中では古いデッキであり少なくても現在のスタンダードで掲載のままのレシピで使うことはない(コメントも更新できていない点はごめんなさい)とは思います。

      それでも何故残しているかというとデッキレシピそのものではなくアーキタイプ、つまりデッキ構築のアイデアにはまだ価値があると思っているからです。

      少なくても現時点でバントフェスティバルはメタゲームにはいないデッキですが、こういったデッキのアイデアが新しいセットのリリース、禁止改定、メタゲームの変化、のような理由で再び日の目を見ることもなくはありません。

      依って、このデッキリストのまとめは以下を想定して行っています。

      ・スタンダードのメタゲーム上にあるアーキタイプをまとめて参照できること
      ・スタンダードで構築可能なデッキのアイデアの参考となること

      そのため、同系統の旧デッキ(例えば昔のラクドスミッドレンジみたいなもの)は当然削除していますし、アーキタイプとして今後未来がなさそうというようなアイデア自体が型落ちだと思うものは消していったりはしています。

      といってもこのあたりの判断は完全に私の主観的判断になっていますし、その判断が正しいかどうかはさておきの話ではありますが少なくても私自身が後者しても役立てたいと思っている裏目的があるのでこのような形式にしています。

      実際、メタデッキだけを確認したい場合はこのページ以外の他の手段もありますがアイデアとしてもまとまっている情報源は他ではあまりないように思うので、そのあたりは他のサイト等とは異なる部分だと思っています。

      • yousuke より:

        少し改善するつもりが改善が肥大化していって手間が割に合わなくなる、というのは確かにあるあるですね。
        また、このリストの裏目的についてもお示しいただきありがとうございました。
        構築アイデアを継続してまとめて貯蔵するという役割はMTG界隈にとって意義あるもので、スタンダード3年化によってその役割はますます拡大するように思います。
        そうしたビジョンをもってまとめておられることに敬意を表します。

        この度はご返信いただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました