【MTG】カルドハイムレビュー(Part3)

テーブルトップ
スポンサーリンク

カルドハイムカードレビュー

2021年2月5日発売となる新エキスパンション「カルドハイム」について、次期スタンダードやヒストリックにインパクトを与えるカードであろうカードについて考察します。

全カードリストが公開されましたので、Part1Part2で考察していない残りのカードの中から注目カードについて考察していきます。

スポンサーリンク

ドゥームスカール

ラスゴ枠カードのカルドハイム版。ラスゴ枠のカードはコストがやや重いため唱えたターンにあまり動くことができなかったりと、動きが大振りになってしまう点が弱点としてありますが、このカードは予顕から唱えると本家ラスゴよりも軽い3マナで唱えることができますのでそれも軽減されています。今までのラスゴ系カードの中でも優秀な部類に入りますので、間違いなく構築で見かけることになるでしょう。

栄光の守護者

修復の天使を思い出させるカード。スタンダードで良き相棒となる筆頭は《スカイクレイブの亡霊》でしょう。その他の使い方としては相手の全体除去を交わすように使うことが考えられます。スタンダードではしばらく鳴りを潜めていますが、セレズニアヨーリオンと相性が良さそうです。

輝かしい司令官

盤面にクリーチャーが並んでいるほど強いカードではありますが、3ターン目に自身の墓地に共通のタイプのクリーチャーがいれば、このカード自体が3マナ4/4飛行という驚異的なスペックになります。それでだけでも充分に強力ですので、スタンダードでも使われると思います。本当にカルドハイムは白のアグロ戦略を強化するカードが豊富にありますね。開発チームの狙いが感じられます。

ルーン鍛えの勇者

このカードが進化を発揮するには相方となるルーン呪文がどれだけ強力かというのが重要ですが、今回のカルドハイムに収録されているカードはリミテッド級のカードのように見受けられます。そのため、ルーン呪文はあまりデッキに採用したいと思えるカードではないことを踏まえるとこのカードの構築での活躍は難しそうに思えます。

傑士の神、レーデイン

表面の神が持つ氷雪土地をタップインさせる効果がどこまで強いのかはいまいち不透明ですが、後半のスペルのみ重くする効果はコントロール相手には渋い働きをします。特に同セットのラスゴである《ドゥームスカール》を遅らせる効果はアグロに取っては有難いです。裏面のアーティファクトは赤単にかなり有効で、赤単泣かせとも言えるカードです。赤単が多いのであれば裏面のアーティファクトだけでサイドボードへの採用を検討するのも良さそうです。

スポンサーリンク

怪物縛り

過去に《血の復讐》という優秀な黒の1マナインスタント除去がありましたが、それを彷彿とさせるカード。疑似的ではありますが青1マナでクリーチャーを除去できるカードというのは画期的で、構築のサイドボードでも見かけるようになるかもしれません。

軽蔑的な一撃

《軽蔑的な一撃》が帰ってきました。特にコントロール使いにとっては朗報です。現在のスタンダードにはグルールや緑単フード、ヨーリオン系など、このカードが刺さる対象が多いので、スタンダードで頻繁に見かけることになるでしょう。

彫像の伝承

久しぶりに使用する価値のありそうなドローカードの登場です。最近の構築環境では5マナを使ってまでドローするだけのカードを唱えることの価値がどれほどあるのかはやや懐疑的にも思えますが、消耗戦でこのカードを唱えると一気に勝利が近づくカードになることを考えると優秀です。

スポンサーリンク

激しい恐怖

コントロールから見ると、少し弱くなった《衰滅》。ゾンビデッキ等で使用すれば相手だけ戦線を崩壊させることも可能な一枚。構築だと主にサイドボードで見かけるようになりそうです。

憑依の航海

予顕で唱えるとゲームエンド級のカード。普通にキャストするのであればリアニメイトデッキのように強力なクリーチャーがいるときに使用したいですが、コストがやや重いので構築での活躍はなかなか難しいのではないかと思います。

マーンの戦慄の隆盛

サクリファイスデッキに入れると効果を発揮するであろうカード。ヒストリックだとジャンドサクリファイス等に採用する価値がある可能性はありますが、スタンダードだと活用するのは難しいかもしれません。ただ、活用方法を見出すことが出来たら強そうなカードと思います。

スポンサーリンク

傷頭のアーニ

3マナ3/3速攻に能力付きというアグロで採用したいカードになりますが、アグロという性質上採用するなら4枚ほど採用したい性能であるにも関わらず伝説を持っているのが残念です。スタンダードに溢れる《恋煩いの野獣》を乗り越えられなくもない能力が付いているのは良いですね。

龍族の狂戦士

単体の2マナクリーチャーとしては及第点ですが、2マナクリーチャーなのに後半にも強い能力がついているのは素晴らしいです。誇示のコスト軽減効果はインクの染みっぽい感じはしますが、充分構築級のカードです。赤白で採用する場合は装備でパワーがあがることもあるので、先制攻撃と相性が良いです。

裏切りの手枷

このカードで相手の《エンバレスの宝剣》がついているクリーチャーを奪えたら宇宙ですが・・・さすがに夢見すぎですね。

語りの神、ビルギ

表面の神は赤単としてみると劣化版の《遁走する蒸気族》のような感じもしますしやや微妙のように思えますが、注目は裏面のアーティファクトでしょう。マナコストなしで起動できるのはかなり優秀ですし、構築で採用される可能性はありそうです。裏面目的でデッキに入れるのも良さそうです。どちらかというと下環境で悪さをしそうな感じがしますね。

怒りの神、トラルフ

表面の神はスペックとしては及第点、裏面のアーティファクトも及第点というどちらで使うにしてもそれなりに優秀と言えるカードです。ですが、それなりの域を出ないので、構築で使うにはもう一声ほしいところです。裏面は古の有名カードである《ボガーダンの槌》のオマージュっぽいですね。

スポンサーリンク

戦闘マンモス

予顕から唱えるとコスト4としては化け物と言えるクラスのスペックを持つ像さん。場に出たときはさすがに《長老ガーガロス》のほうが強いですが、それでも充分に構築での採用を検討するカードです。《長老ガーガロス》とは異なり除去されてもアドバンテージを稼ぐことができるので、コントロール泣かせな能力という点では《長老ガーガロス》よりも優秀です。

スポンサーリンク

多色

血空の虐殺

これ一枚で全ての章を効率的に使えるのが優秀で、何より赤黒というカードアドバンテージを稼ぐのが苦手な色であるにもかかわらず2章の効果で多くのアドバンテージを稼ぐ可能性を秘めている点が素晴らしいです。赤黒の狂戦士デッキであれば中心となるカードになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

セット全体で見ると既存のデッキを強化するカードは少なそうな印象で、カルドハイムのカードをキーとした新しいデッキが多く生まれそうな印象です。まずは、あからさまに白系のアグロが強化されるであろうという点が印象的で、どこまでスタンダードのメタゲームに食い込んでくるか期待されます。

部族として注目しているのは巨人とエルフです。特に《霜と火の戦い》は一方的に戦線を崩壊させられるためアグロ相手には非常に強く注目しています。

トップレアとしてはやはり《嘘の神、ヴァルキー》と思います。特に下環境で大暴れするであろうことは間違いないですが、スタンダードであれば既存のラクドスミッドレンジに採用される可能性を持っています。次点で注目しているのは《戦闘の神、ハルヴァール》で、特にスタンダードにおいては白の復権のキーカードになる一枚だと思いますし、個人的にはスタンダードに絞っていえば《嘘の神、ヴァルキー》よりも注目しています。

神以外では《ファーヤの報復》に注目していて、それにより白黒でアグロに耐性の高いデッキが組めそうなので、メタゲームの一角に入ってくるかもしれません。

コントロールには収穫が少なそうですが《ドゥームスカール》は必ず使われると思います。予顕というメカニズムから考えても、コントロールであればメインでタップアウトするタイプのコントロールのほうが強いかもしれませんね。

総じて、新しく試してみたいカードが多くデッキ作成が楽しみです。

カルドハイムにはコレクター・ブースター版も存在し、ブースターには11枚のフォイル版カード(それと両面のフォイル版トークンが1枚)と、5枚の特殊な枠のカードが入っていて、その中にレアと神話レアが合計で5枚含まれているようです。こちらも要注目です。

テーブルトップ
スポンサーリンク
MTG Wonder

コメント

タイトルとURLをコピーしました